突如現れた「画像自転車」とは何なのかについて考える

昨日のハングアウトでの出来事である

母の発言にあった「画像自転車」とは一体何なのか。

「画像」「自転車」とは

まず「画像」「自転車」それぞれの単語の意味を調べる。

画像 とは - コトバンク

コンピュータで描いた図形や写真などの総称。イメージ、グラフィックスもほぼ同義。
画像を扱うソフトウェアを画像ソフト、またはグラフィックソフトと呼ぶ。
画像データ形式は、画素によって表わされるビットマップデータ(ペイント系データ)と、数式によって記述されるベクタデータ(ドロー系データ)の2種類に大分できる。

  1. 絵にかいた肖像。えすがた。肖像画。
  2. テレビやディスプレーなどにうつる像。「不鮮明な―」
  3. コンピューターグラフィックスによって作成された図形や、デジタルカメラによる写真などのこと。「―データ」

自転車 とは - コトバンク

一般には,二つの車輪を前後に一直線に並べた構造をもち,乗り手の力によって駆動し,かつ乗り手の操縦によって地上を走行する二輪車をいう。
広義には,三輪車やほろ付き四輪車など二輪車でないもの,および水上自転車,氷上自転車など地上以外を走行するものも含む。

  1. サイクルサッカーで使用する自転車。ハンドルが真上を向き360度回転する。サドルは後輪のほぼ上に位置し、ブレーキはなくギアは固定である。
  2. サイクルフィギュアで使用する自転車。ハンドルの上に立つことができる。サドルに小さな背(立ち上がり)がある。バック走行も可能。

「画像自転車」にする

「画像」は実体というよりは像であるもの。
またはコンピュータ内のデータだったり。

「自転車」は二輪で乗り手の力で駆動する。

つまり画像自転車とは、
乗り手の力で駆動する二輪車の像
のことだと思う。

描いてみた

これが画像自転車だ!
ポイントは

  • 自転車がプロジェクタによる像であること
  • 念力で動かしていること

まず「画像」であるため、実体を作ってはいけなかった。
モニタでもいいんだけど、できるだけ実体を減らすためにプロジェクタを使う。

次に念力でること。
ここにポンプ的なものを用意してもいいんだけど、そうすると実体に近いものが出来てしまう。
でも「乗り手の力で駆動」させないといけないので、「念力」という力を使わせた。

かんぺき